ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

アメリカのプリスクールのバレンタイン(準備)

娘(1歳10ヶ月)がプリスクールからお便りをもらってきました。

「Valentines treat exchange」をクラスでやるということです。

プレゼント交換という感じでしょうか。

強制ではなく、やりたい人は持って来てくださいと書いてありました。

(娘が通うプリスクールの行事は今のところ強制されるものはなく、クリスマス会も参加しない親が2名いました。(8人しかいないクラスだけど…))

お便りにクラスメイトの名前が書いてあったので、カードをつければ、先生たちが仕分けをしてくれるのだと思います。

 

 ネット検索でアイディアを見てみると、やはり甘いものがたくさんありました。娘ももらって来るのだろうな…。

あまり値段をかけずに、好き嫌いがないようなものに…と考えました。

 

結果、ランチパック用のGoldfishとステッカーにしました。

女の子はキラキラのユニコーンとスイーツ、男の子は乗り物です。

Goldfishはプリスクールのスナックの定番だし、ステッカーは病院、スーパーあらゆるところで子供にご褒美としてあげているくらいだから、好きな子が多いでしょう。(娘も大好きです。プリスクールでもよくステッカーで作品を作っています。)

f:id:hoshijolog:20180203000940j:image

 f:id:hoshijolog:20180203000955j:image

 予算は1人$1くらいで済みました。

(ステッカーは6シートで$1くらいのものも売ってたのですが、ワクワク感が少ない(個人的感想)ので、ちょっとイイやつを購入して、分けました。)

 

アイディアとして、Play-Dohという、アメリカで定番の粘土も1つ$1くらいで、ばらまきギフトにいいかな?と思いました。

ただ、娘に遊ばせてみたら、ちぎったりして、とても楽しんでいたのですが、爪に入ったりしていた(たまたま爪を切る前で長かったのもあるけれど…)ので、汚れたりするのを嫌がる親もいるかなぁ?と思ってやめました。

 

あとは、私がお気に入りの汚れない、crayolaのcolor wonderのペン1本+カード数枚という、お試しセットが$1くらいなので、最初は、それを探していましたが、行ったお店では数が揃わなかったのでやめました。来年のアイディアにとっておきます。

 

もう少し年齢が上になると、ぬりえセットとかばらまき用ギフトがセットになって売っているので、考えるのはもう少し楽なのかな?と思います。

 

先生へのギフトは、無難にチョコレートにします。Trader Joe'sの箱に入ったチョコレートにしました。

日本みたいにショーケースで売ってるチョコレート屋さんもあるけれど、そこまで美味しくないのです…。トレジョがコスパ最高。

 

アジアンマートに行く機会があれば、日本のお菓子(Melty Kissや抹茶のキットカット)とかも買えるけれど、わざわざそのために行く気にもなれなかったので、やめました。

 

娘はバレンタインデーについて、まだよくわからないだろうけれど、親が楽しみにしています。