読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

ニューヨーク旅行

ニューヨークに旅行に行きました。

「アメリカにいる間はアメリカでもらうお金だけで生活しよう!」と決めているので、貯金や日本円で支給されるボーナスは手をつけず、
月々の生活費をコツコツ貯めて旅行資金にあてました。

本来、旅行に行くなら、観光よりもリゾートでのんびり派なのですが、
今回は「美味しいもの食べたい」「日本の食材欲しい」でニューヨーク一択でした。(日数も少ないし。)

アメリカの運転免許証を持っているので、
飛行機やいろんな場面でもIDの提示は免許証でOKだったのは、便利でした。

盲点だったのは、キャッシュカード。
いつも、にこにこデビット主義で買物をしているのですが、カードが使えなくなってしまいました。

銀行のセキュリティで、いきなり違う場所で使われたりすると、口座がフリーズしてしまうという…。安心だけど面倒。

「次回から、旅行する時はあらかじめ銀行に連絡したほうがイイヨ。」って、ステーキハウスのお兄さんに教えてもらいました。ありがとう。
直前におろしておいた現金と、日本のクレカで難を逃れましたが、ヒヤヒヤでした。

ニューヨークでは
食事と買物をメインに置いたので
自由の女神詣ですら省略。念のためバッテリーパークからの写真だけ。
f:id:hoshijolog:20150526233441j:image

早起きついでにBrooklyn bridgeをさっさと渡る。
f:id:hoshijolog:20150526235720j:image

何か写真を撮っとかなきゃと、2人で$60も払って、TOP OF THE ROCKへ。滞在時間数分。。。
f:id:hoshijolog:20150526235541j:image
f:id:hoshijolog:20150527001208j:image

ブロードウェイのAladdinは、旅行の最大の楽しみ。
f:id:hoshijolog:20150527000235j:image
YouTubeで何度もプロモーションなどを見て、シミュレーションバッチリで行きました。

食事は、絶対に外さないように、
アメリカの食事は
日本進出しているけれど、行ったことない所に。
wolf gang's steak house
f:id:hoshijolog:20150526234202j:image
アジア人だらけで驚き。
sarabeth's kitchen
f:id:hoshijolog:20150526234227j:image
昼は長蛇の列だったので、朝早く行きました。
blue bottle coffee
f:id:hoshijolog:20150526234317j:image
暑かったのでアイスコーヒーにしてしまった。

ランドセントラルのoyster barのクラムチャウダーを食べたかったのに、旅行期間毎日休みだったという不運。。。

日本の食事は
口コミを熱心に読んで決定。
restaurant NIPPON
f:id:hoshijolog:20150526234417j:image
有名人のサインがたくさん置いてあった。
ニューヨークで働く日本人のお偉いさんの集まり(飲み会)があったのか、なんか慌ただしそうだったなー。

NJのミツワのfood court
日本のフードコートまんまでした。
HANNOSUKE(=日本橋の金子半之助)があったので、飛びつきました。
アメリカの↓
f:id:hoshijolog:20150526234809j:image
日本で食べた時の↓
f:id:hoshijolog:20150526234854j:image
ほとんど再現されていました。

アメリカで穴子食べられると思っていなかったので嬉しかった!
日本橋のに比べると、少し油がキツくて残してしまったけれど、大満足。

それにしても、アメリカでミツワがある地域に住んでいる人が羨ましい!!
日本のパンも和菓子も手作りしなくて手に入るのねー。

秀ちゃんラーメン
f:id:hoshijolog:20150526235112j:image
まさかアメリカで本格ラーメン食べられると思っていなかった。
お店の雰囲気もまんま日本だし、ホッとする場所でした。
夫が「ここが一番大満足」って言ってくれたのが本当に嬉しかったです。
(夫の方が舌が肥えているので、いつも外食は夫任せなのに、私が決めたから。)

やっぱりニューヨークは私が住んでいる町に比べると、都会で、美味しいものがたくさんあって、日本人が住むにも便利で、
東京でDINKS生活をしていた私たち夫婦から見れば、刺激的でいい面がいっぱい!

かと言って、旅行から戻って、我が家に着くと、
「あー、空気きれい、広々〜。落ち着く〜。」となるわけです。住めば都。を体感しました。

また東京が恋しくなったら、気軽に行けるニューヨークに行きたいと思います。
その時に向けて、またコツコツお金貯めよう!!



広告を非表示にする