ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

jazzerciseってどうよ?

毎日1人で家にいて、夫しか話し相手がいなくても、そこまで苦にならない私。
クラフトをしたり、英語やったり、本を読んだり、ネットしたり。
家事以外のことだったら、1人時間を楽しめます。
だから、夫が休日におつきあいゴルフなんて言っても、笑って送り出せちゃいます。
 
ただし、1人じゃ続かないことが…運動。
 
アパートの敷地内に24時間無料ジムがあるというのに、
「1人で走ってても気分あがらなーい」
とか贅沢を言い、運動から逃げる私…。
(夫も、「あのジムはなんか息苦しい」って言ってるので、何かがダメなんでしょうね。利用者も少なく、行くと必ず貸切状態です。)
 
ウォーキングは大好きなので、
Google MAPで公園やトレイルを調べては、下見にいくのですが、
森だったり、人目がなかったりで、
「一人で来るには危険」と判断されます。夫に。
 
さすがに、引きこもってばっかりで体が鈍るので、週に2、3回、30分程度走っています。
しかし、コンクリートジャングルで車無し生活していた頃に比べると、そんなの焼け石に水。
会社まで歩く、階段を上る、電車でバランス取って立ってる、スーパーの買い物をぶら下げて帰るとか、そういうちょっとしたことが体力維持に繋がってたんだと実感。
 
jazzerciseという、音楽にのせたエクササイズのスタジオが近所にあることを知り、2回体験。
 
jazzerciseとはこんなもの↓
 
コアリズムをやる姿を妹に爆笑されても、めげずに続け、
Wiijust danceを汗だくになるまでやめない私です。
jazzercise、フィットしました!!
 
リズムにのって体を動かすとあっという間に時間が過ぎちゃいます。
あと、日本でyogaをやった時に感じた、セミプロみたいな人ばかりで、気が引ける…っていうのも無し!
 
アメリカだからか、
先生もたまに「あれ?何だっけ??ま、楽しく行きましょー!!」みたいな感じだし、
みんな自分のペースで、とにかく音楽にのって楽しむ。って言うのがモットー。
白髪のおばあちゃんもいるし、妊婦さんもいる。
疲れちゃったら休めばいいし、1曲終わったらみんなで拍手。
 
英会話が苦手でも、クラスの最初と最後に一言二言交わすだけ。最後は自分もテンション上がってて、めちゃくちゃな英語だけど誰かと話したくなる!
 
とってもいい雰囲気で、好きになっちゃいました。
楽しく踊ったのに、翌日は筋肉痛。
効いてるんですね〜。
 
気になるのは料金!
月会員だと契約期間にもよるけれど$50/月以下だし、
1回ごとでも$10。
 
無職の主婦にはありがたーいお値段。
 
出不精の妻を心配している夫も大賛成(お値段も含めて)。
 
薄着の季節になる(もうなってる)し、通ってみます。
何か効果があればお知らせしますねー。誰に?