読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

ユニクロ日米サイズ比較

駐妻のクチコミ アメリカあれこれ
この前ニューヨークに行った時に、UNIQLO行ってきました。
5番街にある旗艦店。

うちは特に夫が部屋着や下着類はUNIQLOラブです。
日本からアメリカに引っ越してくる時に、
大量に購入しましたが、
手が届くところに店があるとなれば覗かずにはいられない。

祝日セールをやっていたのに、
「これで大丈夫なの?」と心配になるほど空いてました。

グラフィックTシャツなんかも、日本と同じデザインのものが売っていて、
何枚か購入しようとしたのですが、
「そういえば…」と思い出す。

なぜか、UNIQLOのTシャツ、アメリカの洗濯機で洗濯すると縮んでしまうんですよねー。。。
伸縮性があって、肌触りがいいから、余計に縮んじゃうのかも…。
それ以外のTシャツや、着古したものは縮まないんですけれど…。

なので、Tシャツはやめて、
サッと羽織れるようなリネンやコットンのシャツを探しました。
(アメリカはどこ行っても、冷房が効きすぎで、夏も長袖シャツを手放せなさそうです。。。)

そして、シャツを広げて見ていると、
夫が「これもう一つ下のサイズがいいかも」と言い出しました。

耳を疑う私。

夫は身長のわりに手が長く、
普段Mサイズのところを、シャツやジャケットは袖にあわせてLサイズにしようかと真剣に悩むのです。
でも、Lだとウエストや胸板がない分シルエットが貧相に見えてしまいます。

それが、アメリカでは「Sサイズがいい」とは!?

実際に羽織ってボタンを留めてみても、
Sサイズがしっくりきます。
Mサイズだと日本でいうLサイズっぽい。

そこで調べてみました。
UNIQLOのサイズ表。
inchとcmが混ざってて見にくいけれど、貼っておきます。
【日本版】
f:id:hoshijolog:20150527232006p:image
【アメリカ版】
f:id:hoshijolog:20150527232037p:image
f:id:hoshijolog:20150527232040p:image
ざっくり言うと、
「アメリカでUNIQLO買う時はひとつ下のサイズで」
ということになります。

そして、細かく見ると、悲しいのは、
メンズの日Mと米Sは一緒ってわけではなく、
アメリカの方が袖が長いんですねぇ…。
やっぱりアジア人、手足がねぇ。

もっと悲しいのは
ウィメンズ。
日Mと米XSが似たようなバストサイズ。
2階級降格です。
えぇ、私は米XS。
ダイエット中なんですが、成功したら、子ども服売り場ですね。。。

このサイズ展開、アメリカでは一般的なのでしょうか??
夫がポロシャツを物色している時に、
ご婦人に「あなたはどのサイズがぴったり?うちの主人と同じような体型だけれど、どのサイズがいいのかわからないのよー」と話しかけられてました。

モノはいいのに、これが原因でお客さん少なかったりして!?
あと、日本だと「UNIQLO安い!」って感じるけれど、アメリカだとそこまで思いません。
価格設定は日本で2,990円の物が$29.99とかだから、だいたい同じ感じに見えるはずなのに。

きっと、アメリカは服が安いからですねー。
(その他の物は高いのに…)
ラルフローレンやトミーヒルフィガーがアウトレット価格で同じような値段もしくは以下で買えちゃうんです。

それでも、品質の良さで勝負して、頑張って欲しいです!


広告を非表示にする