読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

一緒に旅行する人

駐妻のつぶやき 駐妻の夫 お題

今週のお題「海外旅行」

日本は梅雨でじめーっとしている時期でしょうが、私の住んでいる地域は、すでに連日猛暑。

こんな中、毎日クーラーの効いた図書館に通っている私は、まるで夏休みの高校3年生(受験生、という意味では同じか!)


この状況を日本の友達に話すとドン引きされます。

「せっかく海外行ってんのに何してるの?旅行とか行かないわけ?夏休みは??」と。

あーのーね、うちは遊びに来てるわけじゃないのよ。アメリカは日本みたいにお盆休みないし、祝日だって少ないの。

ましてや、数少ない日本人。悠長に休んでらんないのよ…夫が。。。と。

こういう会話を通して、「アメリカで専業主婦」という立場がいかにつまらないか、をすこーしずつ友人にわかってもらうよう努めています。


とはいえ、時差ボケなくアメリカ大陸を楽しむ限られた時間だから、できるだけ旅行をしたいと思ってます。

近場のやっつけ観光名所一泊二日とかより、

日本から長期休暇を利用してでも行きたいと思うところにガッツリ行きたいです。


☆ニューヨーク→2泊3日で物足りなかったけど行った。

カンクン

カリブ海のリゾート

☆オーランド→せめて2回は行きたい

キーウェスト

☆ナイアガラの滝とかカナダ、アメリカ国境

☆アラスカかカナダのオーロラ

☆ラスベガスとか西海岸


ビーチリゾート大好きなので優先順位高めで。


こんなに色々行きたいのは夫とだから(のろけ)

国内旅行と違って、海外旅行は言葉もサービスも不自由だし、期間も長いし、お金もかかるし。

何度も行けない国を数日間に凝縮して楽しむのだから、事前準備も必要。

非日常を過ごすには相当信頼していて趣味や興味が同じ方向を向いていないとキツイと思います。

例えばハワイ行って、買い物&食べ歩き三昧したい人とビーチでのんびり&レジャーしたい人がよくよく予定も立てずに現地に行ったら、大失敗。その後の関係にも影響してきそう…。

実際、友達でも、旦那さんと旅行するの好きじゃないって人もいて、新婚旅行すら行かない人もちらほらいます。


かつて夫は旅行とかあまりしたことなくて、「面倒くさい」気持ちが勝つタイプでした。だけど、お付き合いして、近場の温泉旅行から始めて、徐々に旅行が好きになり…。

旅行のタイプも観光ガッツリ系と徹底的にのんびりする系に分けて楽しめるように。

「また来ようね。」が通じる相手だから、焦らないんだと思います。

そして、一生忘れられないハネムーンはモルディヴ

ここで、夫の旅行好きが開花しました。

当時、夫は忙しく(今もだけど…)、旅行の計画は私任せ。リゾートに関する情報も持ってなかったのに、行ったら、信じられないくらい楽しかったと。

それ以降、旅行の計画には積極的に関与してくれます。

ついでに、スキューバダイビングのライセンスも取りました!


なかなか長期の休みが取れなかったり、急遽計画が流れたりして、それ以降海外はグアムしか行けていないけれど…。(あー、バリ…。あー、プーケット…。)

今年の夏も夏休みは取れなさそう。

でも、年末休暇に向けて計画は始まっています。

何事も主張しないと通らない国、アメリカ。

今から夫は、休めない日本人にお構いなしにどんどん休暇を取っていくアメリカ人同僚に向かって「年末はたくさん休む!たくさん休む!」と念仏のように唱えて、伝えているそうです。

広告を非表示にする