読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

薬味を求めて彷徨う

今週のお題「夏の食事」

私も夫も

自称「大人になって薬味に目覚めた」です。

夏は暑いし、火を使った料理に時間をかけたくないので、

冷奴やソーメン、ナスの煮浸しの冷製など、冷たい料理が多くなりがちですが、

薬味があれば、それだけで「こだわってる感じ」が醸し出て、楽チン!

夏は必ず、

大葉、みょうが、万能ネギ、生姜、梅干し

を冷蔵庫にストック。

柚子胡椒や刻みわさび、からしなんかにもこだわり始めているところでした。

アメリカに来る前までは…。


アメリカに来てみたら、

なかなかこだわった薬味を手に入れられません。

柚子胡椒、刻みわさび、からしなどは、日本から持ってきました。すぐなくなってしまうので、何かのついでに親に送ってもらっています。

粉わさびや、チューブのワサビはアジア食材店で手に入るのですが、高い上に、色がどぎついので、勿体無いけど、ゴミ箱でした…。

万能ネギ、生姜、梅干しもこだわれないけれどまぁ、安定して手に入ります。


問題は大葉、みょうが。

運が良ければ、アジア食材店でお目にかかれる。(しなしなーっと元気のないものが…。)ただし、いつでも買えるわけではない(買えない確率の方が高い)し、高速を片道30分飛ばして走る労力&金額じゃないと思ってしまい、

滅多なことでは食卓に出てこない高級品となってしまいました…。


素敵駐妻の方々のブログ等を拝見する感じだと、駐妻ネットワークを使って、「お友達」に分けてもらい、大事に育てているようですが、

ぼっち駐妻はそんなコネありません…。


ひたすらネットを検索し、買えるようなところはないかと探していたら、

もう8月になってしまいました。


先週末、有力情報を聞きつけたので、

夫と「今度こそは!」と意気揚々と大きなファーマーズマーケットに出かけました。

狙うはハーブ関係の出店者。

「shiso」というまんまの名前で売ってることがあるらしい。

休みの日はわざわざ英語使いたくないという夫も、やる気を出して、手分けして捜索開始。

「shisoありますか?」と1件1件聞いていく。

親切なハーブ屋さんが

「たまに取り扱ってるお店あるけれど、うちはやらないわー。だって、すぐにひろがっちゃうんだもの、shiso。」

そうそう、その広がって生命力のあるshisoを求めてるんですよー。

育てられる大葉を見つけることはできず、がっかり。

そしたら、ハーブ屋のおばちゃんが

「あそこのハーブを切り売りしてるお店ならあるかも!」と教えてくれたので、見に行くと、ありました。

shiso!!

でもなー、葉が硬くて小さくて、お値段高め。

これなら、アジア食材店での出会いに期待しようということでファーマーズマーケットを後にしました。

大葉には出会えなかったけれど、

メロンや桃をお得に購入できたし、

炎天下で飲む生絞りレモネードも最高だったので、懲りずに参戦したいと思います。


来年の大葉のシーズンまでには、

大葉を分けてくれる「お友達」に出会えますように。


広告を非表示にする