読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

(アメリカで妊活)心拍確認とInfertility(不妊クリニック)卒業

前回の記事

hoshijolog.hatenablog.com

あれから3週間。。。

とーっても長かった。。。

 

5週目半ばからつわりのような症状が出てきて、妊娠を実感できるようになったものの、

エコーを見ていないので、「正常妊娠か?」とか「成長しているのか?」ということがわからずに、ネットで推定週数のエコー画像なんかを検索して、妄想していました。

幸い、出血や腹痛などのトラブルもなかったので、ただただ、教科書通りのつわりの症状を耐えるのみ。

 

Infertilityへは高速を飛ばして30分以上かかるので、さすがに一人の運転は不安で、

夫に運転してもらいました。

今日はやっとドクターに会えました。妊婦さんのドクター、1ヶ月前に「いつ産まれてもおかしくないんじゃないか?」と思っていたのに、さらに大きくなって登場。

驚きましたが、ずっと診てもらってたドクターに最後も診てもらえて安心。

 

通ってるクリニックのエコー室は、個室だし、当たり前のように夫も入るように促されて、エコーをみました。

今まで、人様のエコー写真を見てても、何がなんだかさっぱりわからなかったけれど、

自分のお腹のこととなると、めっちゃ理解が早い!

「こっちが足ね〜、こっちが頭ね〜、身長は11.4ミリ、心拍は163、エクセレント!」

今日は通訳なしでしたが、なんとスムーズに聞こえることか。

 

夫は、もっとぐりぐり〜っと探さないと見えないと思っていたそうで、

予想外の早いご対面に一瞬ぽかんとなったそうです。

アメリカでは日本のように毎回の検診でエコーがあるわけではないので、

今回夫がエコーに立ち会えたのは本当にラッキーだったと思います。

感動したそうです。

貴重なエコー写真を残すためにAMAZON USAで、フォトフレームを買いました。

日本のアマゾンだと、2,700円くらいするようですが、こっちでは$10ちょいでした。

(ポカリの粉末が、5袋で$11もするんだから、こういうところは少しでも得したい。)

f:id:hoshijolog:20150902053047j:plain

www.amazon.com

 

 

エコーの結果から、推定週数と出産予定日を計算してもらいました。

現在7w2dで予定日は4月になります。

自分で計算していたのと3日差だったから、安心しました。

 

これでInfertility(不妊専門科)への通院は終了となり、

次回からはOB/GYN(産婦人科)への通院となります。

こちらは、バスでも行けるし、運転しても近いので、気が楽です。

 

ブログで妊活宣言をしてからは、かなり順調にここまで来ることができたけれど、

実際は、結婚して5年、不妊治療の専門クリニックに通って2年、簡単ではありませんでした。

妊娠検査薬で陽性反応が出ても手放しでは喜べず、親にもまだ報告はできていませんでした。心拍を確認できたので、やっとFaceTimeをしてみようと思えました。

今後は言葉が不自由ながらの妊婦生活、出産、子育て、それらももちろん簡単ではないと思うので、心して取り掛かりたいと思います。

 

とりあえず...今は...つわりが辛い。

12月に公認会計士担当式試験を突破すること&日本で美味しいものを食べることを日々の励みに、耐えます。