読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

アメリカ(田舎)に来るなら!おすすめの手土産

今週のお題「おすすめの手土産」

 

お仕事等でアメリカに行くとき、

持って行ったら喜ばれるお土産を、ぼっち駐妻調べ(調査対象1名)でまとめてみたいと思います。

 

夫が家に持ち帰って来る量で、アメリカ人、駐在員(男)の人気度も少しは把握しているつもりなので、参考になればうれしいです。

 

ちなみに、私が住んでいる場所はアメリカの田舎町(日本から乗継必須)なので、日本食やスーパーが充実しているニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ方面に行かれる方に参考になるかわかりません。

 

●シガール(ヨックモック)

白い恋人石屋製菓

日本でも大人気のお菓子!

これは、アメリカ人にも駐在社員にもその家族にも!喜ばれること間違いなしです。

アメリカ人はお世辞とか言わないから、口に合わないと一切手をつけないそうなんですが、上記2つは、「あっ」と言う間になくなって、夫すら口にすることができないそう…。(稀にゲットできた時は、会社で食べずに家に持ち帰って、コーヒーを入れてありがたくいただきます。)

この2つ、成田空港で手に入ります。シガールはよく見つけますが、白い恋人デルタ航空搭乗口の近くの「asakusa」で私は見つけました。

手荷物になって邪魔ですが、アメリカ人を喜ばせたい場合、相手の好みをなかなか聞きづらいお取引先向けに持ってこいだと思います。

 

●スーパーで買えるお菓子

日本では安く手に入るものですが、アメリカ人、日本人ともに喜ばれます。

アメリカ人が喜ぶのはバターたっぷりめとかチョコチップのクッキー、ソフトキャンディやキャラメルなどです。

あと、パッケージにキャラクターがのっているものも、アメリカ人の食いつきがいいようです。

チョコレートは夫曰く、「口溶け温度が違うんじゃない?」とそこまで人気ではないそうです。あと、抹茶味のチョコレートもあまり人気がないようです…。(アメリカの都会の人と田舎の人はまた味覚が違うのかも…。)

せんべい、あられ系はアメリカ人に人気はないようですが、駐在員は喜びます。(アジアンスーパーとかで買ったのは湿気っていたりするので…。)

かさばりますが、スナック菓子を持ってきてくれる方もいます。期間限定の味とかだと、嬉しくて涙が出ますね。個人的にはじゃがりこ食べたい!!

カルビーのポテトチップスやカラムーチョは割とアジアンスーパーでも見かけます。グリコのポッキー、プリッツも同じく。

 

夫が日本に帰った時のお土産はスーパーのお菓子にしています。同じ予算でたくさん買えるし、ばら撒きに最適です。

 

●カップラーメン、袋麺

アメリカはカップラーメン等禁輸国の対象になっているようで、日本からの取り寄せができません。個人的に荷物を作って送ってもらうか、日本から持ってきてもらうか、アメリカで手に入るバカ高いラーメンを買うか…。

マルちゃん(東洋水産)と明星食品のベーシックなものはこちらで手に入りますが、ないものは…日清食品!!

アメリカで展開している日清のカップラーメンはアメリカ人向けで食べられたもんじゃありません。(安いけれど)

駐在員は残業も多いし、ランチに温かいものを食べたいと思ったら、カップラーメンは持ってこい!だと思います。

(スーツケース開けられて没収という事例も聞いているので、賭けですね。)

 

●和菓子

これは、私のお腹によく入ります。(=アメリカ人にも、駐在員にもあまり人気なし?)

箱ごと持って帰ってきたりすることもあります。栗饅頭とか羊羹とか滅多に見向きもしなかったけれど、保存がきくものは、ごくまれにお呼ばれするお茶会なんかに持っていくと駐妻のみなさんに喜んでもらえます。

 

●(番外編)お米、お酒、日持ちしない生菓子

夫が在米(都会)の取引先の方から頂いたものです。やはりアメリカに住んでいるだけあって田舎の事情もご存知で、重くてかさばるけれども、ここら辺では手に入らない高級米を持ってきてくださり…。大福などの生菓子なども、自分で作る以外久々に食べたりして、嬉しかったです。

 

以上、色々と主観的に書きましたが、

実際は訪問する相手の希望を聞くのが一番だと思います。

今の私は…ボディソープの詰め替え用が欲しい!(ピンポイントすぎ笑)…ストックがなくなってから、アメリカのを使ってたんだけれど妊娠してから、肌と鼻が日本のものを求めるのです…あと数週間我慢。。。

 

また気づくものがあれば書くかもしれません。

 

 

 

広告を非表示にする