ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

ベネッセ様…涙

更新頻度が少ないというのに、愚痴の記事です…。
(前回の日本の産婦人科もそんな感じでしたね…。)

昨年末に一時帰国して、
ベビー用品など色々と買い物をしたわけですが、
その時に、「子どもが生まれてからの教育どうする?」的なことも考えたわけです。

おうちでは、読み聞かせしたり、歌を歌ったり…。
色々あると思うけれど、何か指針になるものがあれば便利だなぁ〜と。

そこでパッと思いついたのは「こどもちゃれんじ」。

生後6ヶ月くらい(baby)からあるそうです。
月に数千円でお手軽なのに、おもちゃや絵本、さらに親用の読み物などまでついているなんて、
何から手を出せば良いかわからない私にはぴったり!

ただし、海外受講ができるのは1歳用(ぷち)のものからということで…。

なんとか受講できないものかとネットを検索していたら、
在庫があるものをまとめて購入して、日本から海外に送ったという方を見かけました。

「これだ!!」と思って、ベネッセに電話をかけました。

・海外に住んでいてもうすぐ子どもが生まれる旨
・一時帰国で今しか日本に滞在できない旨
・海外受講がないコースとのことなので、まとめて購入させてほしい旨

簡単にまとめると以上を相談してみました。
電話のオペレーターは保留をして、どこかに確認に行ったのでしょう。
5分くらい待ちました。

返事は
「まだ生まれていないということであれば、お売りすることができません。」
ということでした。

簡単にはあきらめられないので、
「それならば、生まれた後にアメリカから申し込みますが、アメリカまで送ってもらえますか?送料はこちらで負担します。」
と食い下がってみると、

「海外受講は別会社を通して行ってまして…。個別対応はできかねます。例えばご実家などをご登録されて、親御様にアメリカに送っていただくなどのご対応は…?」
とのこと。

なぜ、まだ生まれてないことを理由に売ってくれないのかなーと思います。
だって、こどとちゃれんじを1学年先取り受講してたりする子もいるのに…ですよ!!
生まれてない=個人情報が何もない子には売ってくれないんですかねぇ??
(私の個人情報(ウィメンズパークに登録していた)は一昨年流出したようで、お詫びの手紙来てましたけれど…。)

まあ、「生まれてから親元に送ってもらって転送」って手も考えなくもなかったのですが、
売ってもらえない理由がなんかがっかりだったので、
そこまで頑張って受講しなくてもいいかなーという気分になってしまいました。

子どもの成長を見ながら、海外受講できるタイミングから始めようかと思います。
(結局、頼りにはしている…。だって、色々手に取って選ぶということができないんだもん…。)