ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

アメリカの医療保険に慣れてきた?

気がつけば、アメリカに住み始めて1年が経過しましたが、

未だにわからないことだらけ。。。

 

以前、医療保険の「免責条項」にポカーーーンとなりました。

hoshijolog.hatenablog.com

 

それ以降、私の妊婦健診、夫の原因不明の咳、健康診断などで複数回お世話になっています。

私の妊婦健診については、出産まで終わってから、どどーーんと請求が来るそうで、

その概算額もまあ納得のお値段。(出産関連の医療費の話は、またどこかで記事にしたいと思います。)

夫も毎回co-paymentという一定額を支払うのみということで、慣れかけていました。

 

ところが11月の妊娠18週で受けたエコー(ultrasound)について、支払いが発生し、なんとなく納得がいっていなかった私。

 

病院の受付で「ここで受けるultrasoundは何回目ですか?」と聞かれたので、

「初期スクリーニングも含めて2回目です。」と答えたのです。

(答えの意図としては、私はこの施設を訪れたことがあります。という感覚でした...)

そしたら、支払いが約$200とのこと。

(質問の意図は、このultrasoundは保険適用になるか否か...だったんですね。すれ違いました。)

私が戸惑った顔をしていると、「もし保険会社がカバーしたら返金する」とのこと。

 

初期スクリーニング(全額保険カバーされた)はともかく、普通の妊婦健診でultrasound費用が別途請求されるなんておかしいな〜と思いつつ、その日は支払をして帰りました。

一緒についてきてくれた夫とも話をして、「初期スクリーニングを含めて」ってことが伝わらなくて、ただの「2回目(一般的には保険適用外?)」って思われたんじゃない?という結論に。

 

その時は、「保険会社がカバーしたら返金する」と言ってくれていたし、

日本への一時帰国も間近だったので、バタバタしてそのままにしていました。

 

アメリカに戻ってから落ち着いて、保険会社の個人Webページを確認すると、

私が受診したultrasoundは保険適用されていました。受診後すぐに支払われたもよう。

でも、あれから2ヶ月近く経つけれど、病院からの返金は...ない!

これはいくら待ってても返金されないだろうと思い、

病院の個人Webページから問い合わせをしました。(電話が苦手な私でも大助かり。)

日本人らしく、謙虚に

「◯月◯日に受けたultrasound(受診記録No.xxxxxx)ついて、check outの時に$200支払ったんだけれど、どうやら保険会社も支払ったという情報を入手しました。これは私が支払うべきものだったのでしょうか?」

そして、すぐに返事がきました。

「保険適用されてよかったですね。返金の処理にはこれから4〜6週間かかります。なにか不都合があればお問い合わせください。」

ですと。。。

受診記録No.xxxxxxについて支払が2重になっているとか、誰も確認してなかったんでしょうか。。。

病院が間違ってお金取ったのに、さも私がラッキーのような文章。。。

 

とにかく、何かと物いりな時期なので、お金が返ってくるようでうれしいです。

こんなことで喜んでいいのだろうか...私。

諦めないで疑ってかかる姿勢が身についてきたようです。

 

事の顛末を夫に話をしたら、

「そういうこと、あるよねー。実は...」

と、12月に受けたインフルエンザの予防接種(flu shot)のことを話し始めました。

アメリカではスーパーに併設の薬局などで簡単に受けられるので、

いつも行くスーパーで予防接種を受けようとしたらしいのです。

ところが、「保険ではカバーされない」と言われたそうで。

しかし、以前私が妊婦健診ついでにflu shotをやって、支払がなかったことを知っているので、「嘘だ〜」と思ったけれど、説明が面倒だったので、

改めてドラッグストアのwalgreensに行ったら、支払なしで受けられたそうです。

夫も諦めないで疑ってかかる姿勢が身についてきたようです。