ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

(アメリカ出産レポ⑦)病院に持って行ったもの

アメリカ出産レポ続きます。

日本では、入院する時の持ち物として、
病院から指示があったり、雑誌とかでも細かく書かれたりしていますが、

私が入院した病院は本当にざっくり。
「退院の時のあなたとベビーの服とカーシート。その他お気に入りのものがあればあなたの好きなように。」
としか書かれていませんでした…。

一応、ネットや雑誌で日本の場合はどんなものを用意するのかなー?と思って調べたのと、
アメリカでの知り合いに聞いたものを勘案して持って行きました。

以下、ずらずらーっと書いていきたいと思います。
(○→持って行ってよかった、△→どっちでもよかった、×→いらなかった)

○産褥ショーツ
→病院支給のものはメッシュ?網?のようなもので、スカスカなので、立ち上がれるようになるとフィット感が気になります。ナース達はそっちの方が脱がせやすくて処置がしやすいのでしょうけれど…。導尿がはずれたら、即、自分のものに履き替えました。処置の時は、マジックテープのところを外して見せたら、ナースは「ああ、なるほど!」という顔をしていました。

○着圧ソックス
→産後浮腫むので必須です。むくんでダルいを通り越して、むくんで痛い…と感じたのは初めてでした。

○クロックス
→病院は土足なので履き替えるタイミングもなかったので、家から履いて行ったクロックスでずっと過ごしました。

○おやつ(日本のもの)
→夜中とかタイミングよくご飯が来なかったり…と、小腹が空いた時に、日本のお菓子はうれしい、美味しい。たまたま破水した日の昼間に栗入り大福を作っていたので、それも持って行きました。

○おにぎり(差し入れ)
→選べる食事が、病院食とは思えないものばかり…。そして、米を食べないと母乳が出る気がしない、力も出ない…、と思って、家で作ってきてもらいました。生き返った。

○洗面道具
→歯ブラシや洗面道具などホテルのように置いてありましたが、使い慣れているものが一番。

○汗拭きシート
→部屋にシャワーが付いていて、浴びても良いとのことでしたが、悪露もすごい出るし、会陰の傷も気になるから気軽に浴びれるものではないし、夜中とか変な汗かいちゃった時に使いました。

○メイク用品
→退院の時に。娘がセレモニードレスで退院するのに、私がすっぴんというわけにもいかず。

○メモ帳&筆記用具
→ひっきりなしにドクターやナース、事務の人などが来て、喋ります。特に私の場合は、電話通訳をつけて話すので、ちょこちょこ言いに来るというよりは、要件をまとめて言いに来るんだと思います。
そして、私も、電話通訳がなければ、聞きたいことも上手く聞けないので、ワンチャンスにかなり必死です。
メモを取りながらでないと、産後のぽやーっとした頭には残りません。

○育児ノート
→授乳やおしっこ、うんち、ねんねなどを記録するノートです。私はあらかじめ日本で買いました。
病院でも、紙を渡されて、入院中は授乳、おしっこ、うんちを記録するように言われました。
その後、検診でも、「この24時間以内に何回おしっこ、うんちした?」とか聞かれるので、記録しておいたほうが良いです。

○時計
→出産中、ずっと腕時計していました。
分娩に何時間かかったとか気にしないのか、教えてくれなかったので、自分で見ていて良かったです。

○退院の時の服(自分)
→よくアドバイスされていますが、お腹は急にはへこまないので、マタニティ服がいいです。

○退院の時の服(娘)
→何でもいいのですが、私の母がプレゼントしてくれたベビードレスを着せました。周りの人に「エンゼルみたい」とか言われました。

○カーシート
→必須

○エコバッグ
→病院から、なぜか、パンとパスタとサラダのお土産がありました。
他にも、おむつやおくるみ、ベビーソープ、産褥パッドなどなど、消耗品類をくれました。
あと、夫の会社から花束が届いたり…。
荷物が多くなったので、エコバッグがあってよかったです。

△ペットボトル水
LDRでも、入院室でも、カラフェに入れた水が常備してありました。入院中は食事と同じシステムでペットボトルの水なども頼めました。
そういえば、日本のペットボトルストローは、アメリカのペットボトルには合いませんでした…。

△タオル類
→ホテルのように基本準備してありました。朝晩ハウスキーパーの人が来て補充してくれるので、贅沢に使っていました。

△羽織る物
→産後はなぜか暑がりでした…。あと、部屋ごとに空調の温度を設定できるので、自分の快適な温度にしていました。(部屋に来るアメリカ人には「暑くない?」ってよく聞かれたけれど。)

△産褥パッド
→準備してありました。大人のおむつのように巨大だったけれど、その方が漏れる心配がなくて良かったです。
日本で買ったものは、家に帰ってから使いました。

×テニスボール(ゴルフボール)
→そんな暇なかったです。

×うちわ
→そんな暇なかったです。

×ホッカイロ
→そんな暇なかったです。そして、産後は暑くて火照っていました。

×毛布
→寒いかもしれないから持って行った方がいいとアドバイスされたけれど、悪露で汚れたりするのが嫌で使いませんでした。暑かったし。

×パジャマ
→検査や処置がしやすいように、入院着がありました。動き方に気をつけないとお尻や胸が丸出しになるのだけれど…。
自前のパジャマでも良かったようですが、悪露で汚れたりするので、私は入院着を着ていました。

×授乳ブラ
→しょっちゅう授乳や検査や母乳指導などがあるので、入院着一枚で過ごしていました。ほとんど部屋から出なかったので、問題ありませんでした。

※保湿クリーム
→これは持っていけば良かったものです。
硬膜外麻酔の副作用?で、出産後、足が猛烈に痒かったです。冷やしてもなかなか痒みが引きませんでした。
あと、お腹が急激に萎んでいくので、妊娠線ケアのためにも、お腹にクリームを塗っておけばよかった…と思っています。

以上、病院に持って行ったもの達の紹介でした。

続きます。