ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

子育て中の日焼け対策

アメリカに住んでいると、日本にいた時より日焼けします。

湿気がなくてカラッとしていているので、30℃以上の気温でも、そんなに暑く感じず…。平気で外に出ているのでジワジワ焼けています。

あと、車を運転するようになったからですね。

車の運転では手袋、ストールが必須です。

でも、毎回のつけはずしが面倒で、忘れたまま出発しちゃうことも…。

日焼け止めを塗ればいいのですが、いつ娘を抱っこするかわからない状況…。私の腕や首元の日焼け止めが娘についてしまわないか心配で、今まで使っていた日焼け止めは顔に塗るだけになりました。

 

「30歳超えてからの日焼けはキツイなぁ…」と思いながら過ごしていたら、

赤ちゃん用の日焼け止めを見つけました。

今まで気にしたこともなかったし、夏といえば子供は真っ黒で日焼け止めを塗るなんて概念もなかったので、少し驚きました。(とか言いながら、日本から送ってもらった荷物のなかに赤ちゃん用の日焼け止めがあったことを思い出しました。今は常識なんですね…。)

そして、種類もたくさん。

赤ちゃん用なのに日本では見たことないSPF50以上のものばかり…。

説明を読むと生後6ヶ月以下は医師に相談と書いてありましたが、

「私が使って、娘にちょこっとついてしまう分には構わないでしょう。」と判断しました。

Aveenoはシャンプーなど使ったことがあって、使用感や匂いがアメリカのモノっぽくないから、日焼け止めもこれにしました。

f:id:hoshijolog:20160708054843j:image

クリームタイプでスーッと伸びるので使いやすいです。

 

娘の日焼け対策は…。

今のところ、トラベルシステムのキャノピー&おくるみを広げて日光を遮ったりしていて、ほとんど日に当たることはないので、日焼け止めは不要です。

ただ、秋頃に夫が遅めの夏休みを取れたらビーチリゾートに行く予定なので、その時は日本から送ってもらった日焼け止めを使うと思います。

アメリカの日焼け止めはSPF高すぎて、娘に使うのはなんだかこわいです…。