読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

(娘4ヶ月) まとめ

1ヶ月間の様子です。

今回は検診はありませんでした。

【からだ・こころ】

・2ヶ月検診から4ヶ月検診にかけて、少しは緩やかになった体重増加ですが、また、増え始めているような気がします…。

体重→身長→体重→身長と交互に増えるタイプなのでしょうか。

 

・股関節が臼蓋形成不全ということで就寝中は装具をつけることになりました。様子見で2ヶ月ほどです。今はまだ装具が不快だとわからないのか、嫌がったりはしていません。

蒸れてあせもができてしまったので、長ズボンを履かせてその上に装具をつけるようになりました。

 

・よだれが大量で、ガーゼ、タオル、防水シーツ、着替え…毎日の洗濯物がとっても多くなりました。顔や手がベタベタなのですが、肌は割と強いようで荒れていないのが救いです。

 

・ものを舐めるのは相変わらずですが、口に入れて噛もうとするような仕草もしています。歯固めで、バナナ型のおもちゃを買いましたが、そちらはまだ興味ないようです。

 

・寝返りを頻繁にするようになりました。ただし右回りだけ。反対は股関節のせいなのか…なかなかやりません。寝返り返りもまだです。

戻しても戻しても寝返りをして機嫌よく遊んでいるので、何分ぐらいうつぶせをやっていられるかそのままにしていたら、30分ほど頭を起こしたままおもちゃで遊んだり、指をしゃぶったりしていました。頭を下ろしたら負けと思っているのか…。背筋鍛えているせいで、抱っこ中とかに思いっきり背を反らされると、「おっととと」と落としそうになって焦ります。

省スペースで寝返りができるようになったので、ナッパーの中でも寝返りします。危ないので、目が離せません。

つい最近ではうつぶせのままお腹と足をバタバタさせて方向転換してマットから脱走したりします。ずり這いが近いのでしょうか。

「右回りさえできれば、用は満たされるから、左回りはいらねぇや!次は動くぞっ!」と、合理的すぎて、アメリカンだなぁと思います。

 

・足の力が強くて、うつぶせの状態で平泳ぎみたいにグイグイ動かすので、足の爪がマットに擦れて、剥がれてしまいます…。バスタオルを敷いても、足の力でぐちゃぐちゃにしてしまうので効果なしです。

 

・お父さん、お母さんの姿が見えないと、「きー」っとした高い声を出します。近づくと甘えた声をだします。

声出しのバリエーションが増えて、眠りにつく前の声なのか、もう限界でかまってあげるべきなのかはっきりわかるようになりました。

「あーあー」「おーおー」と私の出した声を真似ることもあります。出したい声を出せるようになったのかなぁと思います。

ボリュームの調整はまだできないようで、あまりの大きな声に自分でビクッとしていたり…可愛いです。

 

・まだ今のところ人見知りとかはない様子です。抱っこしてくれれば誰でもOKです。外出していて、少し機嫌が悪くなっても、ちょっと抱っこすれば落ち着いてくれるので、助かります。

 

・目がよくなっています。娘を預けてエクササイズを始めたのですが、シッターさんに抱っこされて、託児室からスタジオにいる私をジーっと見ています。

 

・腰がしっかりしてきました。私の太ももに座らせて片腕で支えて絵本を読んであげたり、外食に行っても、ベビーカーでぐずったら、同じように座らせて片手でご飯食べたりできるようになりました。だから、夫が娘を離したがらないです。

 

・娘の顔は誰が見ても百発百中「お母さんにそっくりだね!」と言われていて、私も夫もそう思っていました。目元や口元の印象って大きいですね。夫と似てるところを頑張って探しておでこと鼻かな〜?という感じ。

ところが最近、眉毛が存在感を増し、表情も豊かになってきたせいか、ちょくちょく娘の顔に夫が出てきます。疲れている顔とか鼻の下を伸ばした顔とか…。

「いやだ〜俺に似ないでくれ〜」とか言いながら、とても嬉しそうです。

 

【日中の過ごし方】

・寝返りが好きすぎて、眠たくても寝返りしていまいます。無意識で転がってしまうのかと思うほどです…。まだ戻れないし、うつぶせのまま寝るのも嫌なようで、疲れると機嫌が悪くなります。

そのため、自分で寝入るためには、狭いナッパーの中が最適のようです。(もう身長がキツキツなのだけれど、娘が気に入っているから良しとしています。)

眠いサインが明らかになってきたので、サインが出たらナッパーに寝かせるようになりました。「あぁー、あぁー」と声出ししてコテンと寝ます。

 

・一日中家にいると、体力が余るようになったのか、飽きるのか…という感じになってきました。

お出かけすると周りに興味津々でその後の昼寝や夜の寝入りもとても良いので、積極的に出かけるようにしています。

妊娠前にやっていたエクササイズが、子供を預かってくるので、思いっきり1時間汗を流しています。娘は、預かってもらっている時に朝寝をすればいいのに、そこでは思いっきり抱っこで甘えさせてもらっていて、家に帰ってきてからスヤスヤ眠るので、私は本当にありがたい!!

 

・私の姿が見えないと高い声を出したり愚図ることがありますが、ナッパーをスイングのようにして座らせて、話しかけながら料理や洗濯物干しをすると落ち着いてくれて、そのままウトウトしだします。

「眠いのに眠れない時はエルゴ一択」だった時と比べると、楽になりました。

 

・おもちゃ同士をぶつけて遊ぶなど、両手を使うようになりました。引っ張るのもできるようになりました。手は「舐めるもの」から、「何かを触るもの」に認識が変わっているのか、足をつかんだり、私の顔をペタペタ触ったりしています。指の動きも複雑になったように思います。

 

・動くものが気になるようです。シーリングファンがお気に入りです。また、プレイジムの鏡を動かして映っているものを見ています。そして…テレビは見せていなかったのですが、画像が動くのと音が気になるようになり、テレビの方向を向くようになりました。

 

・絵本やうたが好きです。バンボやスイングに座らせて対面で読み聞かせができるようになったので、娘の反応を見られるようになり、私自身も楽しいです。

ページをめくろうとしてみたい、絵を触ったり、いろんな仕草にメロメロです。

夫が娘と並んでマットの上で寝転んで本を読み聞かせてあげていたのはとても微笑ましくて、バシバシ写真を撮って邪魔をしてしまいました…。

 

・1週間単位のリズム(?)が出てきました。土日はお父さんがいるから、たくさん遊んだり抱っこしてもらえるのに、月曜は物足りないと思うのでしょうか。月曜はグズグズ度が高めです。特にお昼寝は、お父さんは抱っこして寝かしつけてマットに置いてくれるのに、お母さんはナッパーに入れて「はーい、ねんね〜」しか言わないから不満なようです。

月曜は外出の予定を入れずにグズグズに付き合えば、火曜〜金曜は通常通りです。

 

【夜の睡眠】

・夜7時頃寝つき、朝7時頃起きます。一晩中寝るのは続いています。「いつ夜泣きがはじまるのだろう??」とドキドキしています。

 

・眠っている時に寝返りはしないです。あまり移動もしないので、お包みやタオルケットをかけ直す必要もなくて楽しています。ただ、「息してるかな?」と心配になって、手を当てています。

 

臼蓋形成不全のため、夜は器具をつけて寝ることになり、うまく眠れないことを危惧していましたが、全く心配無用で娘はぐっすり眠っています。

ただ、器具をつけたまま眠る前のおっぱいをあげているので、おさまりが悪かったりして、眠る前に少し愚図る時もあります。

 

・朝が涼しくなってきたのと、日の出が少し遅くなったからか、起きる時間がちょっと遅くなりました。私も朝寝坊が増えました。

 

【おっぱい】

・間隔は4〜5時間、1日に4回です。

 

・だいたい朝ごはん(7時半)、昼ごはん(11時半)、おやつ(3時半)、夜ご飯&おやすみ(6時半)という感じです。さすがに昼間の授乳間隔が5時間超えると、泣き出します…ごめん…。

 

・左側のおっぱいがお気に入りで、そっちばっかり吸い付きますが、ラクテーションコンサルの指導により、右を飲まない時でもちゃんと搾乳して生産量が落ちないように気をつけています。(それでも、右のほうは徐々に少なくなっているようで、今は半分くらいしか出ていません。)

 

・10月に旅行を予定していて、旅先でベビーシッターを利用するので、ミルクを飲んで欲しいのですが、あまり好きではないみたいです。哺乳瓶に搾乳した母乳であればグビグビ飲むのですが…。少しずつ練習させたいと思います。

 

【私自身】

・妊娠前からやっていたエクササイズに復帰しました。(娘はスタジオの横で預かってもらっています。)腕の力は日頃の抱っこのおかげで強くなっているけれど、脚力が落ちていました。1時間思いっきり汗を流すのは気持ちいいので、託児があるレッスンはできるだけ行こうと思います。

 

・前回から1年経ったということで、子宮頸がん検診がありました。問題なし。その他、おっぱいの触診やら婦人科検診のように、色々と質問されました。

妊娠前、高プロラクチン血症だったのも不妊の一因だったので、授乳が終わって2、3ヶ月後にチェックを受けてくださいと何度も言われました。(カルテを共有しているから、わざわざOB/GYNに行かなくても検査はファミリードクターでできるのでよかった。)

 

・9月はアメリカの新学期の始まりということで、私もなんだかポジティブな気持ちになり、娘を連れてあちこち顔を出すようになりました。国際結婚の方だったり、娘より少し先の月齢の子育て中の方だったり、アメリカでの子育ての知恵をいただけるのはありがたいです。

 

・妊娠前からお酒が好きでしたが、アメリカでinfertilityにかかるのを機にお酒をやめていました。特に「どうしても飲みたい!!」という衝動にかられることはないまま、今に至りますが、冷凍母乳があること、娘が一晩中寝ることもあり、私の誕生日に少しワインを飲みました。

1年以上飲んでなかったお酒は…やっぱり美味い!!

お酒を飲んだ後はいつもより生産量が増したのか、胸が張るので、早起きして搾って捨てるはめになりましたが、また特別な日は少し飲もうかなと思います。

 

これからアメリカはイベント盛りだくさんのシーズンになるので、娘にとって初めてイベント、楽しみたいと思います。

 

広告を非表示にする