ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

3日目キャスタウェイケイ(1歳児連れディズニークルーズ⑨)

 

hoshijolog.hatenablog.com

 

ディズニークルーズ3日目。

一番楽しみにしていた、キャスタウェイケイです。

 

【6:40 娘、起床】

前日に夜更かしした私たちの期待は虚しく、いつも通りの目覚めでした。


【8:00 朝ごはん(Enchanted Garden,Deck2)】

Enchanted Gardenもビュッフェ形式でした。飲み物はサーバーさんが聞きにきてくれます。テーブル間がゆったりしているのがよかったです。

Cabanasでの朝食メニューと変わりありません(か、少し種類が少なかった?)。

今回は娘が食べられるように、アルファ化米とフリーズドライの卵スープを持ってきていたので、サーバーさんにお湯をいれてもらいました。

 
【9:30 下船、スティッチ写真(Gangway)】

朝食が終わったら、一度部屋に戻って、荷物を取って、下船しました。手続きはナッソーの時と同じで、全員分のカードキーが必要です。今回はパスポートは置いていきました。

船を降りてすぐのところにスティッチがいました。時間的にもう終わっているかな?と思ったのに、いたから嬉しかったです。ただ、カメラマンはいなくて、個人のカメラでスタッフに撮ってもらいました。(午後のチップ&デールの時もいなかったんだよなあ。。。)

初日にスティッチで大泣きした娘ですが、今回は耳を触る余裕もあり、笑顔で撮影できました。

 

※船を降りた少し先でバスタオルを配っています。

荷物になりますが、ここで受け取らないと、その先では配っていないので要注意です。

 

【9:40  デイジー写真(Post office)】

少し歩くとデイジーがいました。「時間が来たら、ドナルドに替わる」とスタッフが列に並んでいる人に言いました。デイジーはまだだったので、デイジーと撮りたい...と願いながら並んでいました。私たちの2組後でデイジーとドナルドが交替しました。運が良かったです。

 

【9:45  船と写真】

閑散としていましたが、船をバックに写真を撮ってくれるカメラマンがいたので、お願いしました。

 

すぐ近くに、キャプテンフックがいましたが、見るからに、娘が怖がっていたので、またキャラクターで泣き出すと困るので、スルーしました。 

 

次の写真スポットまで少し離れていましたが、トラムがいつ出るかわからなかったし、娘が歩きたがっていたので、歩いて行きました。

 

【9:55  ストローラーを借りる】

ミッキーの列に並んだら、横にストローラーや車椅子が置いてありました。Baby Joggerのゴツいベビーカーで、ハンドルにブレーキなども付いていて、「大層な...」と思いましたが、砂浜でも動かすには、これくらい必要だと後で理解しました。荷物もたくさん積めるし、娘もお昼寝できたし、言うことなしでした。 

ストローラーは随分使い込んであるし、日焼けしているし、スムーズに動かないものもあったし、他の子供達が何人も乗ったであろうし...ということで、衛生面が気になる方は、自分で持って行った方がいいと思います。うちは、気にしないので、とりあえず、バスタオルを敷いて乗せていました。

 

【10:00 ミッキー写真(Scuttle Cove)】

ミッキーの列に並んだのはギリギリで、私たちが並ぶ頃には、次のミニーの列に並んでる人たちがいました。

 

【10:10  グーフィー写真(Rustmore)】

ミッキーが終わった後、10時からのグーフィとミニー、どっちの列に並ぼうかと両方見てみたら、グーフィが短かったので先に。

Scuttle CoveとRustmoreはなんで名前を分けてるんだろうと思うくらい近いです。

 

グーフィはお初。背が高くて、足が細い!!娘も「ワンワン」とテンション高め。

 

【10:15  ミニー写真(Scuttle Cove)】

ミニーは3回目。娘も慣れたもので、あちこちタッチしていました。

 

ここまで、連続でキャラクターと写真撮影をしましたが、たいてい列の前か後ろは日本人でした。前後日本人ということも。

ネムーンで来ている感じカップルは、海に入らず、上等そうなカメラを下げてウロウロしている人が多かったです。どのくらいキャラクターと撮ったのか気になる…。

ウェディングドレス&スーツでフォトツアーしている人もいました。いろんな人にお祝いを言われて幸せそうでした。

 

【10:30  お土産物色&砂遊びセット購入】

キャラクターとの写真撮影の興奮したせいか、娘が眠そうだったので、ストローラーに乗せて、お店をウロウロ。砂遊び用のバケツとシャベルを買いました。


【10:40-11:10 娘、朝寝】

お土産をみていたら、娘が寝てしまったので、オラフのフローズンドリンクのお店、「Summertime Freeze」に行きました。

オラフが大好きな夫、オラフの容器に入った$15くらいのフローズンドリンクをニッコニコ笑顔で買っていました。容器は持ち帰って、綺麗に洗った後、娘がおもちゃにしています。

 

【11:30 海遊び、ビーチ写真】

娘が起きたので、水着に着替えて海で遊びました。ちょっと水は冷たかったです。

そして、水はとても綺麗だったのですが、波打際はプラスチックの破片が砂に混じっていたりして、娘が怪我しないか心配でした。

人で混み合うビーチだし、常駐の清掃員がいるわけではないから、仕方ないですね。

 

ファミリービーチは手前と奥と2箇所あり、私たちは奥の方に行きました。(特に何がいいとかではなく、散歩してたらそこまで着いただけです。)

 

混み合っていましたが、なんとか椅子1つを確保できたので、ストローラーを横付けして場所取りしました。

貴重品は船の中に置いてあるし、カードキーはストローラーの分かりづらいところに隠して、みんなで海に入って遊びました。

(普通の観光地では、防犯城、誰かが荷物を見張っておくべきだけれど、カードキーは買い物などでも顔を確認してるし、大丈夫かな?と…。)

 

娘と波打際で砂遊びをしていると、カメラマンがまわっていたので、写真を撮ってもらいました。(ここでは、カードキーも部屋番号も言わなかったのに、ちゃんとUSBに入っていました。)

娘が心から楽しんでいる瞬間だったので、家族3人とっても良い表情で、これを年賀状の写真にしました。

 

【12:15 キャラクターダンスパーティー(Island Gazebo1)】

 海水が想像以上に冷たかったので、30分も遊んだら娘も満足したようで、タオルでぐるぐる巻きにして、キャラクターダンスパーティーに参加しました。時間まではあまり人がいなかったのですが、グーフィとミニーが現れたら、どっと人だかりができました。

娘は海での興奮状態から、ワンワン(グーフィ)の登場で、さらにヒートアップして、リズムに合わせて踊っていました。

夫がスマホでムービーを撮っていてくれたので、帰りの飛行機内ではそのムービーを何度も再生して、娘は大喜びしていました。

 

【13:00 昼ごはん】

 海で遊んで、踊ってで大ハッスルした娘はお腹ぺこぺこで、とりあえず席を見つけて、アルファ化米で作ったおにぎりを食べさせました。その間に夫に食事を取りに行ってもらったのですが、娘がおにぎりを食べ終えても帰ってきませんでした。

島内で使えるはずのアプリも、Wi-Fiがなく使えず、私たちの座ってる場所を見失ったか!?と心配になりました。

 

30分位で戻ってきて、ハンバーガー2つとホットドッグを持ってきてくれました。

たまたま近かった所が、ハンバーガーが大人気でものすごい行列だったようです。確かに炭の匂いがして美味しかったけれども…。

島での昼食については、もう少し下調べをしておくべきでした。

娘はホットドッグのパンをちぎりながらむしゃむしゃ食べていました。

 

【13:40  お土産購入】

食後はもう海に入る気にならなかったので、着替えて、下見していたお土産を購入しました。

夫は娘に気に入られたいがために、ミッキーがプリントされたTシャツを買いました。

(娘は、週末に夫の服を選ぶのですが、毎回、動物やキャラクターがのってるTシャツを選びます。アメリカだと、男性のTシャツはシンプルなものが多いので、ずっと「何かあったら買いたいと言ってました。)


【14:00-14:40 娘、昼寝(ストローラー)】

お土産を買っていたら、娘がストローラーで寝てしまいました。(本当は部屋に帰ってから遅い昼寝をさせたかったのですが…)

起こすのもかわいそうなので、私と夫はConched Out Barでカクテルを飲み、時間を潰しました。

14時くらいになるとレストランも閉まったり、人も随分まばらになってきていたので、のんびり海を眺めながら過ごせました。

 

娘が起きたら、トラムに乗って船へ戻りました。「ブッブー」と言って喜んでいました。


【15:00 チップ&デール写真(Gangway)、クリスマスツリー】

ちょうどいい時間でチップ&デールがいました。でも、ここではカメラマンがいなくて、スタッフにスマホで撮影してもらいました。

 

この時のチップ&デールで初めて、そして唯一、娘が1人で行けたのです!!

記念の瞬間なのに…。

カメラマンがいなくて、スマホで撮った写真は、船の影で暗かったです。

本当に残念です。

 f:id:hoshijolog:20180127052129j:image

 でも、いい記念になりました。

この後、ハグしてバイバイしました。

 

海のモチーフの大きなクリスマスツリーがあったので、通りがかりのスタッフにお願いして写真を撮ってもらったら、「ツリーも一緒に写してほしい」と言わなかったからか、ただの3人の家族写真になっていました。

「あ…」っと思った時には、ニコニコして行ってしまったので、撮り直しをお願いもできませんでした。

 

【15:30 お風呂】

部屋に戻ると、下船の案内(日本語もあり。)や事前支払いしたチップのチケットなどが届いていました。

みんな、すぐにお風呂に入ってさっぱり。

 

【16:30 夫と娘、ストーリータイム with Mrs. Claus(Deck3)】

夜までにスーツケースを廊下に出さないといけなくて、夕食後は娘がすぐ寝てしまうことを考えると、荷造りは今だな…ということで、夫と娘は遊びに行ってもらい、私がパッキングをしました。

1人ではちょっと大変だったけれど、娘に邪魔されながらやるよりは断然効率が良かったと思います。

 

夫からはちょこちょこ、アプリのメッセージで報告(自慢?)が送られてきました。

ストーリータイムに行ったり、デッキで「感動の再会ごっこ(!?)」をしたりしたようです。

 

ナーサリーで借りていたバンドは、記念に持ち帰る人もいる(お金がチャージされる)ようですが、娘が全然気に入っていなかったので、夫に返却に行ってもらいました。

 

【17:25   夫と娘、グーフィー写真(Deck3)】

一応、キャラクターとの撮影の時間も夫には伝えておいたので、娘の好きなワンワンと撮ったそうです。

この夫と娘の2人で写った写真の夫の顔!!!いい顔すぎて、妬けました。

 

【17:45  ドナルド写真(Deck3)】

グーフィと同じ場所だったらしく、夫と娘が並んでいました。

これには私も間に合ったので参加しました。

娘はドナルドのお尻に夢中でした。

 

【18:00 夜ごはん(Enchanted Garden,Deck2)】

最後の晩餐、娘は初マック&チーズを食べました。絶対好きすぎるから危険だと思って、今まで食べさせていませんでした。

スプーンですくって食べやすいし、すごく満足そうに食べていました。

おかけで、機嫌もよく、隣のテーブルが空きだったので、途中で椅子から降ろすこともできたので、

私たちはデザートまでたどり着けました。

 

デザートの時は注文したものと別に、特別プレートが運ばれてきて、サーバーさんが歌ってくれました。

「そうだった!結婚記念日ってことにしてるんだった!」と思い出しました。(本当の結婚記念日は1か月後なので、OKですよね?)

 

3日間、あちこちでアニバーサリーやらバースデーの歌が歌われていました。

 

最後の日はサーバーさんにチップを渡すのですが、これがややこしかったです。

私たちはチップの事前支払いをしました。最終日に部屋に封筒とチケットが届いていて、チケットにサインして封筒に入れて、該当サーバーさんに手渡しをする必要があるのです。(ルームキーパーさんは、ベッドの枕元に置いておけば大丈夫でした。)

そのチケットに書かれているサーバーさんの名前と担当サーバーさんの名前が違うし、

サーバー(いつも料理を運んでくれた人)はわかるけれど、アシスタントサーバー(ちょこちょこ違う人が来る)とヘッドサーバーがわかりませんでした。

 

担当サーバーさんが話しやすい人だったので、正直に「誰がどれかわからない」と聞いたら教えてくれました。ヘッドサーバーとは、そのレストラン全体を取り仕切る人で、アニバーサリーのプレートを持ってきてくれた時しか会わなかったし、チップを手渡ししたくても見当たらなかったので、Deck3のゲストサービス前に置かれたポストに入れました。(アンケートの提出も同じ場所でした。)


【19:50 娘、就寝】

部屋に戻ると、夕方に届けられていた下船の案内とは別に、「On board Airline Check-in」用の案内やタグ、搭乗券が届いていました。

荷物を港で受け取らないので、先に届けられていたキャラクターのタグをつけずに、航空会社発行のタグをつけて部屋の外に出しておきました。

 

娘は、海で遊んだ疲れもあって、すぐに眠りました。

 

【大人時間】

「あ~、もう終わっちゃうね。。。」としんみりしながら、

ベランダでポップコーン(walt disney theaterの横の売店で購入)とワインで乾杯しました。

22:15からDeck3で「Sea ya' Real Soon」という、最後にキャラクターたちとお別れ&写真が撮れるイベントがあったのですが、一人で行ってもなぁ。。。と思い、Deck5の吹き抜けからチラッと見てみるだけにしようと、待っていたら、Deck5のキャスト専用出入り口からキャラクターたちが出勤していって、思わず至近距離でお別れ(手を振るだけ)できたので、満足でした。

翌朝が早い(6:45には荷物をまとめて朝食をとるように指示あり。)ので、早めに寝ようと思っても、なかなか話が尽きず、夜更かしでした。よくしゃべる夫婦。