ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

1日目乗船日(1歳児連れディズニークルーズ⑦)

クルーズの記録を書き終わる前に、次の旅行も終わってしまい、書きたいことがたまっているので、ここからは簡単に時系列で書いていこうと思います。でも、長くなってしまう予感…。

 

もっと写真たっぷりで読みやすい体験記はネット検索するとたくさん出てくるので、

 子供連れ(1歳児)でも、こんなスケジュールで動けますよーという参考程度になれば幸いです。

 

【5:30  娘、目覚める】

いつもより1時間も早いお目覚め…私もそわそわしてよく眠れなかったので、2人で起きてました。娘のクリブにおもちゃを入れて、ゴロゴロしてたら1時間後また寝ました。で、結局いつもより遅い7時半の起床となりました。

 

【8時ごろ  夫、空港内で朝食調達】

部屋でゆっくりと食べました。コーヒー、紅茶等はホテルのロビーでもらえます。

娘のご飯は前日の枝豆とアルファ米のふりかけご飯、バナナ(雑…)

 

【9時半ごろ  チェックアウト】

スーツケースはホテルの部屋に置いたまま、身軽にマジカルエキスプレスのカウンターへ向かいました。

ディズニーワールド行きの方は混雑していたけれど、クルーズは人もまばらで、「本当に合ってる?」という感じでした。

 

【10時ごろ  シャトルバスに乗る】

 バスの中は吊り下げ式の小さいモニターがいくつかあって、ショートムービーやプロモーションが流れます。娘がモニターを見られる席を確保しました。

娘が気に入っているチップ&デールのムービーがあったので、クスクス笑って楽しんでいました。

娘がモニターに飽きた&眠たくなってきた頃を見計らって、座ったままエルゴ抱っこで密着して、トントンしていたら、あっという間に寝ました。バスの時間50分中20分ほど寝ていてくれたので、上出来です。

 

【11時ごろ 乗船手続き】

港に着いて、空港の保安検査場を簡易にしたような手荷物検査を終えたら、エスカレーターを昇って、乗船手続きです。

エスカレーターを昇ったら、目の前に長い列ができていたので、「え、こんなに並ぶの?」と思っていたら、ミッキーorミニーとの写真撮影の列でした。

乗船手続きは左手側のカウンターです。

この時に乗船書類の冊子にある「Onboard Airline Check-in Program」のページを回収されました。

番号札が渡されるので、その番号がコール&スクリーンに表示されたら船に乗り込むことができます。

スクリーンを見たらまだ乗船が始まったばかりの番号だったので、焦ることなく、ミッキーorミニーの写真撮影の列に並びました。

娘は、並んでいる時は「ミー、ミー」とご機嫌だったのに、ミニーの横に並んだ瞬間にギャン泣きでした。想定内です。時間をかけてゆっくり慣らしました。

(この時はカードキーを出さなかったのですが、ちゃんと顔認証で購入した写真データのUSBに納められていました。)

 

【12時過ぎ  乗船】

番号が呼ばれたら乗船です。

ここでも途中で写真撮影がありました。

ここにはキャラクターいなかったけれど、娘はギャン泣き。カメラマンに撮ってもらうという行為自体が怖かったのかな??

船に入る時は、小声で名前を聞かれ、マイクで「○○ファーミリーーーー」とコールされて、周りのスタッフに拍手され、ちょっといい気分でした。

(これ、15時ごろも同じようにやっていましたが、拍手するスタッフ数はかなり減っていました。)

 

 【12時半ごろ  Deck5アドベンチャーデスクでPrincessとFrozenのキャラクターグリーティング予約】

早めに乗船したかったのはこのためです。

今回3泊4日なので、船でゆっくり…という日はありません。キャスタウェイケイでは海が楽しみなので、できれば2日目ナッソー寄港の日にやりたかったのです。

乗船してすぐアドベンチャーデスクに向かうと、10組ほど並んでいました。(半分くらい日本人!!!)

希望通り2日目午前中、しかも、9時半&10時半と連続で取れました。

私が並んでいる間に、夫は娘のオムツ替えへ行ってもらいました。

戻ってくるなり、「スティッチがいたー」と報告してくれたんですが、「いやいや、報告より写真でしょ!」と、来た方向へ戻りました。スティッチが囲まれていたので、私たちもスマホで写真撮影しました。もちろん娘はギャン泣きです。

 

Deck5はDeck4や3へ行くキャラクターの出入り口のようで、Deck5に宿泊していた私たちは何度かその出入りするキャラクター達を見ました。でも、出勤前の邪魔になってはいけないので、写真撮影はお願いしませんでした。

 

【13時ごろ Cabanasで昼食】

娘のお腹の空き具合も限界で、昼食をとりました。みんなが手荷物を持ったまま食事を取っているので、狭かったです。

私たちも娘のアンブレラストローラーがあったので、席は空いてたけれど入れなーい!!という状態で、なかなか大変でした。

夕食が17:45〜だから、食べ過ぎないようにしよう!と思っていても、ボイルした蟹爪やエビなどを見たら、ついつい手が伸びてしまい、やっぱり食べ過ぎました。

娘にはスープやパン、温野菜、チキンなどを食べさせました。

娘が食事をするにはビュッフェ形式のCabanasが一番良かったです。

 

【14時ごろ  部屋に入る】

13:30から部屋に入れるので、食事の後はとりあえず部屋へ行きました。

リクエストしたクリブは既に届けられていて、オムツゴミ箱も一緒に置いてありました。

娘は遅めのお昼寝(かなり眠そうで、すぐ寝た)。夫も一緒にお昼寝。

私はnavigatorを読んだり、Disney Cruiseアプリで夫と私のスマホでメッセージがやりとりできるか?とか、夕食のメニューを見たりしていました。

 

【15時ごろ  ひとりで船内をウロウロ】

娘も夫もよく寝ていたので、私はひとりでウロウロ。Deck3のゲストサービスに行って、「anniversaryバッジ」をもらいました。列に並んでいる間に頭を英語モードに切り替えていたら、いきなり、カウンターのスタッフになめらかに「こんにちはー。」と言われたので、びっくりして日本語めちゃくちゃになりました。日本人のスタッフがいました。

 

その次はDeck5のIt's a small world nurseryへ。オンラインでプレ登録をしていたから、簡単にできるだろうと思って行ったら、ナーサリーを利用する本人と保護者全員が来るように言われました。オープンハウス中に再び来れるかどうかわからなかったので、中の見学だけさせてもらって、出直すことにしました。

 

部屋に戻ったら、ドアの前にスーツケースが届いていました。一安心。

 

【15:50ごろ 避難訓練へ】

15時半ごろから室内放送で避難訓練の案内が始まりました。結構大きな音…。でも、娘はまだ昼寝中…。ほっぺをツンツンしたりしても起きません。「仕方ない….エルゴで抱っこしていくか…」と思ったら、やっと起きてくれました。

集合場所はWalt Disney theaterでした。

ネットでは避難訓練は行かなくても大丈夫という情報も書いてあるけれど、必須です。カードキーで出席確認していて、全員揃うまで解散になりませんでした。最後に来たのは日本人らしき人たち…。

 

【16:30 Sail Away Party】

Deck11のステージでキャラクターのショーがありました。このショーの途中で出港します。

私たちは遠くてもいいから全体が見たいと思って、Deck12で見ました。娘も自分で立って見られるので、ノリノリで音楽に合わせて踊ったりしていました。

 

【16:45 ナーサリー登録】

娘と夫も一緒に、再びナーサリーに行って、登録。本人確認とオンラインでプレ登録をした時に作った合言葉を確認して終了。

ナーサリーを利用する時に使うバンドをもらえた(下船前に返却。持ち帰ると$13くらいだったかな??)ので、親の腕時計をつけたりするのが好きな娘につけようとしたら、断固拒否…。

まだオープンハウスをやっていたので、夫と娘で遊んでもらい、

私は部屋に戻って、スーツケースの中身を棚に入れるという地味な作業をしていました。

 

【17:15〜 夫、娘 プルートの列に並ぶ(Deck4)】

荷ほどきの時間がかかりそうだったので、「2人で行けたら行っといてー。」と言っていたのですが、夫と娘、17時15分になってから娘の歩きの速さで向かったところ、かなりの列になっていたとか。アプリのメッセージで夫が状況を教えてくれていたので、「これは急げば、私も間に合うかも!」と思って荷物を片付けて17時半過ぎに夫と娘に合流しました。(Deck5に部屋を取ってて良かった!!)

それからさらに10分ほど待ちました。1日目だし、みんな気合い入れて並んでる感じでした。

犬が大好きな娘は、プルートが出会い頭に「いないいないばあ」をしてくれたのがとても気に入って、これ以降、キャラクターとの撮影では泣きませんでした。娘は自ら耳を触りに行きました。

ありがとう!プルート!!ただのおマヌケな犬と思っててごめんなさい。

 

並んでる間は、Deck4からDeck3の様子がよく見えるので、娘は退屈することなくキョロキョロしていました。

 

【18:00 夕食(Royal Palace、Deck3)】

一斉に夕食の時間が始まるので、サーバーさん達はものすごく忙しそうでした。

ハイチェアはどこのレストランでも置いてありましたが、子供用のカラトリーや皿が特別にあるわけではないので、子供が皿を落とすことがあるとか、自分で食べたがる場合は、使い慣れたものを持って行った方がいいです。持って行っても、娘は「いっしょ!」と言って、親と同じものを使いたがりましたが。

(デザート用のフォークやコーヒー用のスプーンなど子供用として使えますが、頼んでも持ってきてくれるまでに時間がかかりました。)

この日だけでしたが、娘の料理だけがいつまでたっても出てこなくて、私たちがメインを食べ始めた頃にやっと出てきました。

娘は、キッズメニューの中から、トマトソースのペンネパスタを食べました。

それよりも、私たちが頼んだスープや肉、魚などを分けてあげたものの方が気に入っていたようです。アスパラガスのポタージュが大ヒット!

野菜不足が気になるし、今まであげていなかった揚げ物とかもどんどんデビューしていきます。。。

↓参考までに別の日のEnchanted Gardenの時のメニュー。(キッズメニューは毎日そんなに代わり映えしませんでした。。。)

 f:id:hoshijolog:20180123002052j:image

 

私たちの料理は、写真は撮る余裕もなく、何を食べたかも忘れました...。お酒はスパークリングワイン($34)を注文しました。

カメラマンがテーブルを回ってきて、写真を撮ってくれました。一人ずつ撮って、家族揃って...というところで、カメラマンが娘が掴んていたフォークを写真に写らないように手から取ろうとしたところで、娘が激怒!!(多分、私がやっても同じ結果だったと思う。)泣いて手がつけられなくなったので、集合写真はお預けとなりました。

その出来事&いつもの就寝時間(7時頃)になったため娘が椅子から降りると騒ぎ出し、デザートを食べずに部屋に戻ることにしました。

すると、サーバーさんが、「部屋に持っていくから、注文だけしたら?」と言ってくれたので、お言葉に甘えて部屋でデザートを食べることにしました。

 

レストランから出て、娘を抱っこすると、だいぶ落ち着いたので、ショップなどに寄り道して部屋に戻ったら、すでにデザートが届いていました。

 

【19:30過ぎ  娘お風呂】

夫と娘が一緒にお風呂に入りました。眠くてもお風呂で遊ぶのは欠かせないようで、楽しそうにしていました。お風呂から取り上げたら、再び眠くて機嫌が悪いので、私が手早く着替えさせるという嫌われ役を担いました。。。

 

【20:40 娘就寝】

娘と夫がお風呂から上がったら、夫が寝かしつけをしている間に私がお風呂に入りました。部屋を暗くして、ベランダで風にあたりながら抱っこしていたらすぐに寝たそうです。

 

娘が寝た後は同じ室内でドライヤーかけても、スヤスヤ眠り続けていました。よっぽど眠かったようです。

 

【大人時間】

娘が寝た後は、夫婦でのんびり。

宿泊した部屋は、ベッド部分とソファ部分を仕切るカーテンが付いていました。

娘のクリブはソファ側にあったのですが、私たちが起きている時は、ベッド側の電気を消して、娘をベッドに寝かせて、周囲を枕やクッションで囲っていました。

私たちが寝る時には娘をクリブに移動させました。

 

Deck11からお茶と軽食(フライドチキンとフレンチフライ。ピザもあったような…)を持ってきて、持参したワインを飲みました。

デザートも味わって食べられました。チョコレート系はハズレはなかったです。

すでに食事の時にボトルワインを1本飲んでいるので、すぐに眠たくなりました。

翌日に備えて早めの就寝でした。