ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

アメリカのプリスクールのPicture Day

娘が通うプリスクールから、

先日のPicture Dayに撮影した写真のサンプルが配布されました。

Picture Dayとは、学校にプロのカメラマンが来て、個人や集合の写真を撮る日のことで、娘のプリスクールは年に2回あります。ドレスアップしてくる子もいます。

売上げの一部は園の活動資金になるそうです。

 

前回のPicture Dayでは、泣いて撮影できなかったそうで、残念でしたが、

今回は「Great!」だったそうなので、どんな写真か楽しみにしていました。

 

見た瞬間、「社長!」と言って吹き出してしまいました。

大きな椅子に座り、背筋を伸ばしつつも、腕を肘掛けにもたれかけている姿でした。

そして、緊張で顔はカッチカチ、口は一文字。

子供だったら、「手はお膝」だと思い込んでいたので、貫禄あるポーズに笑ってしまいました。

他の子も同じポーズで、表情硬めでした。

3、4歳になるとまた違うのでしょうね。

 

今回は「class of 2017/2018」の集合写真もありました。娘は先生のお膝の上をゲットしていました。みんなちゃんとカメラ目線のいい写真でした。

 

さて、気になるお値段です。

f:id:hoshijolog:20180406031359j:image

「データ命!」なので、データを買いたいと思ったのですが、2ポーズ分買うと$75です。

やっぱりお高めです。園への寄付の意味もあるから、しょうがないと思うんですが。
アメリカのフォトスタジオだと、データ込み&プリントが何枚かついて、何ポーズも撮って$100とかしょっちゅうあるので、「社長!」の2枚だけにそんなに払うのもなぁ…と思ってやめました。

(この前、桃の節句に日本のフォトスタジオにて、「1ポーズプリント&データ3000円キャンペーン」でお得に済まそうと思ったのに、ついつい選びきれずに、「4ポーズプリント&データ&2キーホルダー15,000円」になってしまった自分への反省もあり…)

 

クラス写真はとても素敵だったので、5インチ×7インチ、$12(しか選べない…)を買おうと思います。

 

ところで、写真を購入するのが学校への寄付になるという取り組み、とても素敵だと思います。今回は気に入らなかったから、心を鬼にして買いませんけれど。

もっと日頃のイベントのスナップ写真とか買いやすい値段で売ってくれたら、私、お小遣いはたいて買っちゃいそうです。(お小遣い制じゃないですが。)