ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

プリスクール修了

10日ほど前、娘の今年度(2017/2018)のプリスクールが修了しました。

 

学年の締めくくりだというのに、特にイベントもなく、いつもの感じでおしまいでした。

Teacher Appreciation weekに感謝の気持ちを表したとはいえ、何もせずにお別れは寂しいので、日頃の感謝の気持ちをカードに綴って渡しました。

 

9ヶ月間、2人の先生に担任してもらったわけですが、この先生たちが娘にとっての初めての「先生」であり、娘は忘れちゃうだろうけれど、私は忘れられないと思います。

娘は、プリスクールのことを「せんしぇ」と言い、2歳を過ぎてからは言葉がどんどん増えてきたので、

「きょうりゅ、せんしぇ」=プリスクールで恐竜をテーマにして遊んだ

「せんしぇとねんどぉ」=先生と粘土で遊んだ

「あーんちゃん(おやつ)は、さかな」=スナックタイムにゴールドフィッシュを食べた

と、プリスクールの様子を教えてくれたり、

外で蝶のバルーンを見たら「せんしぇ!」と思い出したり、「せんしぇはー、しろ!◯◯(娘の名前)はー、くろ!」といきなり何をいうのかと思ったら、髪の毛の話でした。

娘の中でもプリスクールでの出来事を理解しているのだな、と思います。

 

プリスクールが終わって、夏休みに入り、サマーキャンプまで何しようかなぁ〜と、久しぶりに図書館のストーリータイムに行ったら、昨夏との娘の変化を感じました。

・私から離れて、本が見える位置に座る。

・本の内容(その時は工事車両の絵本)に合いの手を入れる。「ブッブー!」「きいろ!」など。

・歌の時に手をつなぐように促されると、隣の子と手をつなぐ。

・クラフトのコーナーを見つけると自分から椅子に座る

などなど。

積極的というか、集団に入れるようになったのが大きな成長だと思います。

 

いまだに私と離れる時は泣くのは堪えますが、サマーキャンプも頑張って通ってほしいです。