ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

(娘2歳)いやいや超能力

2歳1ヶ月の娘、

「いやー」「ちがーう」「じぶんでー」を1日に何度聞くだろう…と思う日々です。

 

ある日、クラフトの材料を買いに行きたいと思い、お昼寝から起きた娘を誘いました。

お出かけ大好きな娘は、いつもなら、お気に入りのバッグにタオルを入れたり(おもちゃを持って行こうとして止められたり…)、せっせとお出かけの準備をするのですが、

その日に限って、「いーやー」「おうちーいるー」「いかないのー」の一点張り。

「必殺!3時のおやつ持って行こう♪」作戦もあっさり拒否…。

どうしたもんか…と思いながら、娘が気がすむまで遊びに付き合って、遊ぶこと1時間。

 

いきなり娘が

「お店、行く!」と言い出すので、気が変わらないうちにさっさと出かけました。

 

クラフト用品店があるのは大型スーパーや$1ショップ、パーティグッズ専門店などがある、クラフトの材料を探すためにハシゴしやすいショッピングモールです。

 

駐車場に車を停めると、なにやら大型スーパーの方にパトカーがいっぱい停まっているのが見えました。車を降りて、クラフト用品店に向かっていると、スーパーの周りに「Keep Out」のテープが張り巡らされていました。

ちょっと異様な雰囲気を感じて、クラフト用品店の店員さんに「何かあったの?」と聞いてみたら、「スーパーで銃撃があった」という情報だけちゃんと聴こえてあとは、よくわからず。

おしゃべり好きだから、本当にたくさん喋ってましたが、「驚いた!」とだけ(私の力では精一杯の)感想を伝えて、スマホで地元のニュースサイトを見てみました。

 

すると、1時間ほど前に、銃撃があって、店員さんが怪我をして、犯人は逃走中という恐ろしい事実がわかりました。

サーっと血の気が引くような感じがして、何も買わずに、即、家に帰りました。

 

娘がいつものように乗り気ですんなりお出かけしていたら…そのスーパーでもクラフトの材料を見てみようと行っていたら…。

恐ろしくて恐ろしくて、ハンドルを持つ手が震え、冷たくなりました。

 

娘は何かを察知していたのかなぁー、としか思えません。

それ以来、娘のいやいやも、何か意味があるのかも…と、注意深く付き合うことにしました。

(「これ、いやー!」じゃなくて、「これが、いいー!」だと助かるんですけれどね…。)

 

私が住んでいるのは田舎町ですが、治安が良く、公立学校の評価も良いらしく、リタイア後の移住の地としても人気だという町で、のんびりと暮らしていましたが、

こういう出来事が近くであったと知ると「ここは、アメリカだな」と身の引き締まる思いがしました。